私だってちゃんと女なのです

面倒だからとベリーショートの髪型です。化粧っ気も無し、痩せ型で背も低くとにかく男性というか男の子に見られることが多いです。それでも脱げばすごいというならまだしも、ぺったんこで水着を着ても前か後か分からないといった状態で体形もコンプレックスです。と言うよりも、だからこそお化粧してもどうせ違和感があって似合わないんだからと適当になってしまいました。バストは女性らしさの象徴、この部分が小さいと気持ちやその他の外観にも大きく影響を及ぼすようです。

モテアンジュの育乳効果を大暴露!私の口コミとネット上の評判がヤバすぎ?

それでも何とか結婚できたし一応恋愛してきた私、でも好きになってくれる人がいる一方でそういった方々に対して「ロリコンなのでは・趣味が分からない」と陰口をたたく方もいます。少年にしか見えないような私を好きということは、元々そういった趣味だと思われるわけです。自分自身がディスられるのは今更しょうがないと諦めていますが、体形や見た目が原因で優しい彼氏が悪く思われるのはとても悲しいことです。

夫との夜の営みや妊娠出産を経て、ワンサイズほどは何とか大きくなったのですがその後に出てきたのが左右でのサイズ違いといった問題です。右利きの彼が触れるのはどうしても片方の胸が中心、そうして刺激を一方にばかり与えてきた結果です。こちらにも触ってなんてとても言えず、ある意味贅沢な悩みなのかもしれませんが困ったことです。

ダイエット失敗ばかりの私でも痩せられた体験談

私は子供の頃からずっと太っています。

幼稚園の時のアルバムを見ても、私だけが太っています。

小学校も中学校も高校も、いつも太っているので、

アルバムで私を探すことは、超カンタンですwww

おすすめ着圧レギンス10選を徹底比較!脚やせ効果&人気ランキング!

そんな私が、29歳の時に、結婚することになりました。

旦那さんになる人は、私が太っていることは全然気にしてない。

との事でした。

ある日、結婚式で着るドレスを試着しに行った時の事。

お色直しで着るドレスで、とても気に入ったものがありました。

そのドレスの一番大きなサイズを試着して、一応入ったのですが・・・

「背中のファスナーが半分までしか閉まらない。。」

仕方ないので、ほかのドレスを色々と試着して、

着られたものもあったのですが、

どうしても、どうしても・・・・

最初に気に入ったドレスが着たかったのです。

「どうしてもこれを着るためには、痩せるしかない!」

気持ちに火が付きました。

それからというもの、母親や友達、婚約者にも協力してもらって、

食事制限、運動など、必死で頑張りました。

次に試着に行った時、見事にファスナーが一番上まで上がりました。

人生初のダイエット成功です。

私は今まで、ダイエットを全くしなかったわけではありません。

でも、根性が無くて挫折してきたのです。

どうしても、どうしても、結婚式でこのドレスが着たい!

という大きな夢があったからこそ、痩せる事ができました。

どうしてもダイエットで挫折してしまう。

という人は、「痩せたい理由」が弱いんだと思います。

自分でも、あの時は本当に頑張ったなぁ。って思います。

ダイエットを行う際に考えてほしいこと

皆さんもいちどはダイエットをしようと考えたことがあったり、また現在進行形でダイエットを行おうと考えているかもしれません。

しかしながらダイエットを成功させることができなかったり、ダイエットを途中で諦めてしまうと言うことも少なくないでしょう。そんな時はダイエットもらうことに対しての取り組み姿勢を見直したり、なぜ自分はダイエットを行っているのかということを改めて考えるようにしてみましょう。

ダイエットを行う目的は人それぞれではあると思いますが体重を減らして身体を楽にすることであったり、自分が目標としているものに向かって体型を維持したりなどと言う目的がある方が多いと思います。ですからダイエットを行う際には自分がどうしてダイエットを行っているのかということを改めて考えることが大事であると言えるでしょう。

ダイエットの内容が良いか悪いかと言うことももちろん必要ではあると思いますが、今一度ダイエットする目的を見つめ直したり考えていくことがダイエットの継続や成功につながると思われます。決して楽なことでは無いかもしれませんが、今一度自分のダイエット対する思いを見つめ直し、しっかりといきましょう。そうするとダイエットは成功していくはずです。