長年の髪の悩みはクセ毛であること

私の髪の悩みは、クセ毛であり、パサついていて艶がなく、毛先は枝毛や切れ毛ばかりなことです。

そして髪の量もとても多く、サラサラとは程遠い髪をしています。本音口コミ!クイーンズバスルームの最安値通販や購入して使用した効果などを暴露!

私が、縮毛矯正を初めて行ったのは、小学校5年生の時でした。

元々うねりが強いのと、髪のボリュームがすごいので、2つ結びゆわくと、

肩に玉ねぎが2つ乗っかっているようなヘアスタイルになってしまっていました。

両親共にクセ毛で、母親も縮毛矯正をかけています。

姉も2人いますが、2人も縮毛矯正をかけています。

初めて縮毛矯正をかけた時は、混んでいたのかもしれませんが、記憶に残っているのは5時間かかったことです。

美容院ってこんなに時間かかることあるんだと驚きましたが、自分の髪がサラサラになるところを見たことがなかったので

ずっとワクワクして見ていました。

初めて縮毛矯正をかけてからは、6か月に1回、5か月に1回、と必ず縮毛矯正をかけるようになりました。

縮毛矯正がないと私の人生は終わりだと思うほど、重要なことなので本当に助かっています。

今では、4か月に1回必ず縮毛矯正をかけなければ自分が納得できなくて、前髪やうねりが気になってしまいます。

縮毛矯正をしていることと、カラーをかなり明るい茶髪でいれている為、髪は傷みがひどいです。

ただ、どっちも譲れないというところが難しいです。

美容室に行くと必ず一番いいトリートメントをした方がいいと言われます。

こればっかりはしょうがないことなので、髪に関しては昔からずっとお金をかけてきています。

友人で髪が元々サラサラな子は、美容室を1年に1回行くだけで大丈夫だったり、うらやましいです。

頭皮のベタつきに悩んでいる方へ

男性の皆さんであれば1度は頭皮のベタつきに悩んだと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?確かに頭皮のベタつきは男性の悩みの種の1つであり、特に年齢を重ねたり夏場などの暑い時期になってくると非常に気になってくるのではないかと思います。http://www.marionfortat.com/

頭皮のベタつきに悩んでいる方はどのような対処法を取った方が良いのかと言うこと、またふらつきとうまく付き合っていくためにはどのようなことを考えていかなければならないのかということについて考えていきましょう。

やはり人間の頭皮は少なからず雄文を発生させてしまうため毎日頭皮を洗わないとベタついてしまうと言う事は間違いありません。ですから、少なからず1日動いた後の汗をかいた夜は頭を洗った方が良いと言えるでしょう。

また今では頭皮のベタつきをより抑えることができると言うシャンプーも販売されています。基本的には薬用シャンプーと言う括りになると思いますが、そのようなシャンプーを使って頭皮を洗ってあげると言うことも頭皮のベタつきには非常に効果的であると言う事は間違いありません。

また寝ている間にも頭皮はべた付いてしまうことがありますので、シャンプーを使わずに温かいお湯でさっと流すだけでもかなりべたつきは変わってきますのでぜひ参考にしてみてください。

親子で毛量が多すぎる悩み

私の髪はとにかく毛量が多いです。

完全に母親の遺伝です。

http://ecogeosafe.com/

母親も私も毛質自体は硬いわけでもなく、太さも普通です。

ただ、とにかく多いんです。

私と母が美容院に行くときに言うのは長さを切るとかカラーではなく

「毛量を減らしてください」です。

今までいくつも美容院に行きました。

「傷んでいる部分の毛先1cmくらいのカットと、毛量減らしてください」

がお決まりです。

そして終わったあとに美容師さんが切った足元の髪の毛を見て

「量を減らしているだけで長さは変えていないのにすごい髪の毛の量ですね。」

と必ず言います。

もちろん自分が髪を洗っているときもこれだけ髪が抜けてなくならないのかと思うくらい

毎日抜けます。

猫っ毛の友人からは「髪の毛がペタンコで少ないよりいいよ」と言われますが

髪の毛が多い上に私も母もくせ毛なので湿気のある時は髪が爆発します。

それが嫌なので基本いつも結んでいます。

昔はショートやボブにしていましたが、

最近はロングでまとめてしまった方が広がりづらいのではないかということに気づき

今はずっと伸ばしています。

でもずっと結んでいるので果たしてロングヘアの意味はあるのか。。

美容師さんによっては、縮毛矯正やストパーをかけてしまったらどうかと言われることが

一番多いので、今後はそうしようかなと悩んでいるところです。

母は現在50代後半ですがいまだに髪の毛はしっかりしていて毛量もあるので

そこだけは遺伝して嬉しいと思ってはいます。