妊娠中に突然きつくなった口臭

妊娠する前まで、喫煙者でしたが特に口臭を気にしたことはありませんでしたし、もちろん家族や友人に特別口臭を指摘されたことはありませんでした。

イニオの効果は?購入して3ヶ月飲んだ私の口コミ&評価を暴露!

それから、禁煙したのち妊娠し、安定期を過ぎたあたりから、自分の口の匂いが気になりだしました。初めは、「気のせい」かなと思っていましたが、匂いは段々ときつくなり、ついには家族に私が話すだけで怪訝な顔をされるまでに…。困り果てていたときに、次は歯が痛くうずくようになり、渋々歯医者にいくことにしました。

すると、驚いたことに4本の歯が軽度の虫歯に蝕まれていたのです。なぜ驚いたかというと、妊娠初期に検査したときには虫歯は全くなく、異常なしと言われていたからです。

幸い軽度であったため、1日で治療を終えることができました。虫歯がなくなり口臭もなくなるもんだと安心しきっていた私ですが、口臭は無くなるどころか日々強くなるばかり、せっかくつわりが落ち着いても口の臭いで体調が悪くなるほど口臭が悪化していたため、再度歯医者に相談にいくと、軽度の歯周病と歯の裏の歯石を指摘され、歯の歯石をきれいさっぱり取り除いていただいたのち、歯周病を悪化させないための歯ブラシを使った歯や歯茎の磨き方を教えていただいたことで、徐々に口臭がなくなっていき、妊娠8ヶ月の現在はほぼ気にならなくなりました。

妊娠中は口内が酸性状態になりやすく、つわりなどの影響で口内環境が悪化しやすくなること、さらに口内環境の悪化は早産の原因にもなりうることを教えていただいたので、次妊娠したときには妊娠初期から歯の健康を心がけて生活したいと思います。

今は、歯だけでなく歯茎もしっかり隅々まで磨き、歯の裏や歯の間など歯石がたまりやすい部分もフロスを使うなどして、清潔に保つように心がけていることで、口内環境は良好で、妊娠も順調です。妊娠の口内環境の変化には、ぜひ気をつけていただきたいです。

歯列矯正を使ってみる

バラエティ番組で活躍しているデビ・スカルノ夫人は自分の歯磨きを1日10回することもあるそうで、使用するブラシもかなりの数。インプラントなどもなく自分の歯だけで88歳を迎えた人の歯のお手入れは恐れ入ります。私がやっている歯の掃除は歯ブラシ1本でごくたまに口臭が気になったときに歯間ブラシを使用するぐらいなんです。

http://www.thevalleyfoundation.org/

その結果をとても満足していたわけではないのですが、手間暇かけるのがめんどくさいからと感じています。これから歯列矯正を考えていることもあり、自分の歯の掃除方法を見直さ愛とと考えています。その為に、少しでもその行動を継続するための小さな実感として口臭が気にならないようになったらうれしいなと、歯間ブラシを使う頻度を高めてその効果を見てみたいと思います。

私の場合は歯の並びがかなり悪いので、お手入れの方法も複数組み合わせていかないといけないのかなと思っています。この上なくめんどくさい、けれどもそうやってあと伸ばしにしていたつけが今も残っているんじゃないかなと自分の体のことにもっともっと関心をもって日々を過ごしていければよかったのにととても後悔しています今から遅いがなって感じですが、少しでも進行を遅らせたい。