しっかり睡眠でストレス解消!

仕事や学校、家事に育児などなど生活していれば何かとストレスを感じませんか?特に最近はコロナもあって自宅にいる時間が増え、気軽に旅行に行ったり友達と食事に行くことも憚られる日々・・・そんなストレスフルな現代ですが、しっかり睡眠をとってストレス解消しちゃいましょう!

CBDMAXはどの通販が最安値?購入して3ヶ月使用した効果と私の口コミが衝撃的?

■質のよい睡眠をとるために
①フィットする枕を用意する
眠るときに枕を使用している方はたくさんいらっしゃると思いますが、ご自身の体にしっかりフィットしている枕を選んでいますか?枕の高さや大きさがフィットしていないと、正しく寝返りが打てず睡眠の質が下がったり肩こりにつながったりとせっかく睡眠をとっても逆に疲れてしまうこともあります。ご自身の首の曲がり具合や寝相にあった枕を用意しましょう。

②入浴は睡眠の2時間前までに済ませる
よい睡眠をとるためには体温コントロールも大切です。眠る直前に入浴してしまうと体温が上昇してしまい、導眠がうまくいかなくなります。睡眠の2時間前に40度のお湯に15分程度つかっておくと睡眠時には体温が低下し眠りにつきやすくなります。睡眠の2時間前までに入浴時間が取れない場合はシャワーで済ませるなどうまく調整しましょう。

③室温・湿度を調整する
質のよい睡眠をとるためには、寝室の温度・室温の管理も重要です。室温が高いと体温の低下が起こりづらくなり快眠の妨げになります。室温は26度前後(冬は16~19度)、湿度は50%前後に保つようにしましょう。夏場は冷風が直接体に当たらないようにすることも忘れずに。

④ちょっとしたストレッチや瞑想を取り入れる
その日あったイライラや悩みごとが寝る前によみがえってくることはありませんか?眠る前にぐるぐる考えても仕方ありません。軽くストレッチをしたり、睡眠導入用の瞑想を取り入れて体も心もすっきりさせてしまいましょう。睡眠導入瞑想は動画でもたくさんUPされていますので、気に入るものを探して取り入れてみてください。気づかないうちに眠っていた!なんてことが徐々に増えてきますよ。

⑤スマートフォンやPCなどは見ない
ついつい眠る直前までSNSなどをチェックしてしまいがちですが、ブルーライトやたくさんの情報は脳を興奮させ眠りづらくなります。睡眠前はスマートフォンを手放して、リラックスできる音楽を聴いたり本を読んだりしてみましょう。

質のよい睡眠をとってストレス解消しましょう!