ジムが続かない根性無しな自分を責めていたが、どうやら違ってた

「なんでジムってつづかないんだろう?」
ここ10年くらい、ずっとそうやって2~3年に1回、自分をひどく責め続けてきました。
いまは40代の中年男性ですが、10年くらい前からでしょうか、健康診断の血液検査でひっかかるようになったのは。
そのうえ、お腹周りが90センチ近くになり、メタボ予備軍にずっと入隊し続ける日々。。。

メイプアップ

でっぱったお腹を見るたびに、健康診断の結果が悪くなるたびに、「運動せねば!」と一念発起、ジムに入会するんです。
そう、最初はかっこいいムキムキの自分を想像しながら、がんばって通うんです。
でもなんでしょう。続かないんですよね。

大手のジムにも行きました。「せめてお風呂だけも」と、ただでお風呂に入るから得なんだ、と自分を思いこませ、毎月1万円くらい支払い続ける日々。
でも気づくと、全くいかなくなるんです。

「あ~、なんと自分は根性なしなんだろう」

そう思いつめ、そのうちそのことすらも忘れて、気が付いたらまたお腹がぶくぶくと・・・

そんな感じで、2~3年周期の輪廻転生を繰り返し、ようやくたどり着いたのが24時間のジム。

これがなんと!

続いているんですよね。自分でも不思議です。

どうも、僕自身の根性の無さではなかったようなんです。

つまり、自分を変えなくてはいけないんじゃなくて、ジムのほうを変えないといけないんです。

そう、自分の好き嫌い、好みは、変えようと思っても変えられないんです。

僕の場合、そうですね、まずマシンが新しいこと。古いとテンションが上がらない。

そして、やっぱりですが、本当に筋肉を鍛えている先輩方がいること。これは大きいです。

もちろん、すっごいマッチョもいて、ビビるんですけど、そうでなくても、スタイリッシュなお兄さん、お姉さんが、ご自身のプログラムを自分で黙々と実行しているのをみると、そしてそのすっきりした体形、美しさをみると、「あー僕もがんばろう」そう思うんですよね。

あと、どちらかというと、金づちなんでプールは嫌いだし、あまり人とコミュニケーションとるのも苦手なのでスタジオも気後れしていたんです。だから筋トレに集中できる24時間ジムの形態はとっても自分に合っていたんです。

なかなかジムが続かないそこのあなた!

ジムを渡り歩いて自分探し、してみませんか?