マスクで気になるのがニキビ

感染症の流行でマスクしている状態が続くかなと思いますが、これから暑くなると気になるのがニキビです。ヴィオテラスCセラムは評判悪い?

ニキビはどうやってなるのかというと、毛穴の汚れが詰まって炎症を起こすのがニキビでマスクの繊維やメイク、汗等で肌がニキビになりやすい状態になりつつあるのです。

「マスクを外せばいいじゃないか!」と思いがちですが、感染症が流行っている以上マスクは欠かせないとなろうと思うしやらなければ自分の命に関わる場合もあるので難しいですが、ニキビケアは他にもできるはずです。

例えば自宅で一人でいる場合はマスクは外しておき、洗顔も丁寧にすることでニキビケアにもなるしマスクも毎日洗濯して清潔なマスクをすることでニキビを新たに作らない事も大事です。(不織布マスクは一回使ったら処分する)

さらに布マスクの場合は肌に刺激の少ない生地で出来て繰り返し洗えるものがベストで、そこにキッチンペーパーや不織布でフィルターとしてマスクの下に着ければメイクが付いたとしても汚れはキッチンペーパーや不織布を充てるだけでマスクの汚れも最小限に抑えられるので結果的はニキビを抑える事にもつながります。

そして何よりも洗顔が一番大事で、たとえメイクをしていなくても寝る前には必ず洗顔することでニキビケアになるのです。