自宅での白髪染めの苦労話

白髪というと年齢によるものというイメージが強いですが、「若白髪」という名前があるように、若くから白髪に悩まされている人もいます。

http://www.ericbellionvendeeglobe2016.com/

中学・高校くらいまでなら自身も周囲もあまり気にしていなかったりするのでいいのですが、大学生にもなれば見た目も気にするようになり、白髪染めを始める学生さんも多いはずです。特に就活前ともなるとその人数は極端に増えるでしょう。

しかし美容室で白髪染めをするにはそれなりにお金もかかるので、学生さんの場合は自宅で市販の白髪染めを使う機会もありますよね。

市販の白髪染めはドラッグストアに行けば安価な値段で買えるので、白髪と縁のない人にとっては「それを買ってテキトーに染めればいいんでしょ?」と思うかもしれませんが、けっこう色んな苦労があるのです。

それも学生さんは一人暮らしの賃貸住宅に住んでいることも多いはずで、実はこれがかなり厄介。

賃貸住宅の場合、白髪染めの染料が壁や床についてしまわないよう細心の注意を払わなければなりません。

意外と穴なのが風呂場で洗い流す時です。白髪染めは通常の髪染めよりも色を付ける力が強いのか、風呂場で洗い流した後に周囲に飛び散った染料混じりの水滴が、そのまま黒くしみ込んでしまうこともあるのです。

時間が経つと本当に落ちなくなってしまい、例えば転居の際に余計に清掃料を取られたりという心配もあります。そのため白髪染め後のケアや掃除などの面倒なことも多いでしょう。

これが年1回のことならいいですが、月1くらいでやらなきゃいけないことなのでとても面倒なんですよね。

身近に白髪に困ってる人がいたら、裏ではこんな苦労をしてるんだなぁと、ちょっと察してあげるだけでも幸せになるかもしれませんね。